TOPページへ

Welcome to a world
appetising enough to eat!

18 Feb. 2019
Mon / 8° /

WORKS

WORKS

KUUMAのプロセス

1

はじめまして

商品を売りたい、社内体制を見直したい、ビジネスの幅を広げたい、もどかしい想いをかたちにしたい、などがふつふつと湧いてきたら、クウマへ。はじめましての時間は、肩肘張らずじっくり自己紹介から。

2

言葉にする

まずはヒアリング。しっかりとお話を重ねて、本当に叶えたいことや困っていること、注力しないといけないことなどを、コンセプトとして言葉にしていきます。みなさまが普段当たり前としていることが宝の原石だったりします。クウマの好奇心はそれを見逃しません。

3

道すじをたてる

コンセプトが言葉になったら、どんな道すじで解決していくかをご提案します。紙媒体やWEB、映像、イベント、プロダクト、プロジェクトなど手段はさまざま。それぞれに応じたクリエイターたちとチームを組んで、かたちにしていきます。

4

ずっと愛着がわく間柄に

どんなものごとも消費して終わりではなく、からだの一部となり、生活の一部となり、文化となっていくようにと願って企画をたてています。納品して終わりではなくそこから見つかる課題にも、また一緒に向き合いながら、長く愛されるよう伴奏します。

KUUMAのお仕事

RECOMMEND WORKS

FARMCIRCUSリーフレット

遊びながら地産地消を学ぶ、すごろくリーフレット。

DATE
2017年4月~
CLIENT
北神地域振興株式会社
PART
リーフレットの企画・編集/デザインディレクション/コピーライティング
TEAM
北神地域振興株式会社/株式会社AKIND/株式会社Muff

つくりびとえほん

食べ物に愛着をもつために生まれた食べ物が主役の絵本。 食べる通信 大阪版の付録として展開した子ども向けの絵本。
DATE
2016年~
CLIENT
大阪食べる通信 - つくりびと -
PART
絵本の企画、編集 イラスト制作/コピーライティング/デザイン
TEAM
大阪食べる通信 - つくりびと -

道の駅の食育イベント

Fun to eat local!-地産地消を遊ぼう-をコンセプトに、3つの小屋にマーケット・食堂・カフェ・レストランが集まる神戸市北区の道の駅FARMCIRCUSで行う食育イベント。 Fun to eat local!-地産地消を遊ぼう-をコンセプトに、 3つの小屋にマーケット・食堂・カフェ・インフォメーション・レストランが 集まる神戸市北区の道の駅FARMCIRCUSで行う食育イベント。 様々な役割をもつ各セクションを、 神戸市北区で愛されてきた季節ごとの食材を軸にして食育イベントを展開。 わざわざ訪れたくなる道の駅を目指し、スーパーや近隣の直売所だけを競合とするのではなく、 アミューズメントパークなど遊べる施設も競合と考え、家族で愉しめる道の駅を目指した。 神戸市北区の食材をおいしく味わうだけでなく、学び、遊べる展開に。  
DATE
2017年~
CLIENT
北神地域振興株式会社
PART
食育イベントの企画・運営/上記に関わる制作物のクリエイティブディレクション/上記に関わる制作物の制作
TEAM
北神地域振興株式会社/株式会社AKIND/株式会社Muffa

COCCA

「まなんで、あそぶ、はたらく」を合言葉するシェアスタジオ。 ここは、三宮駅からほど近い下町情緒あふれる二宮エリアにある町のなかに開かれたフリースペース。 大切にしているのは、学ぶということ。 見えているものだけでなく、見えていないその裏側を、おとなもこどもも、年齢や国籍、職種に関係なく、一緒になって、学びあう場所です。 すべては表裏一体。 実験をするように、頭の( カッコ )をとりはらって、まなぶ、あそぶ、そしてはたらく。 そんな連鎖が続いていく基地になる。 それがCOCCA( コッカ )です。
DATE
2018年4月~
PART
シェアスタジオの運営/イベント企画
TEAM
COCCA 共同オーナー(株式会社Muff 今津修平/KUAV北川浩明/アーティストRia Ama

ゴカンノキオク屋

まちのなかのひとところに場を構える飲食店は、食を提供する以外に、子どもたちを見守り、五感をくすぐる場所になれないだろうか。実験的に、子どもたちが開店前の仕込みの時間に飲食店を訪ね、料理人の手さばきや仕草、店内のにおいや音、手触りなどを観察。そんな風に子どもたちを迎えてくれる飲食店がまちのなかに増えて、五感を刺激し、食の裏側にある人の温かさを記憶していく未来を考える。
DATE
2017年10月6日~
CLIENT
デザイン・クリエイティブセンター神戸 KIITO
PART
コンセプト設計/展示内容の企画・制作/映像ディレクション/ロゴ制作
TEAM
玄斎・上野直哉(シェフ)/Apartment film・野田亮(映像作家)