TOPページへ

Welcome to a world
appetising enough to eat!

12 Jul. 2024
Fri / 25° /

MEMBER

MEMBER

KUUMAのチーム

設立者 / クリエイティブディレクター

濱部 玲美 | 神戸市出身

料理人の旦那さんと食いしん坊の息子と暮らす。関西学院大学にて児童福祉を専攻し子どもたちと触れ合うなかで、学ぶことの大切さと、それを多くの人に伝えていきたいと考え、株式会社リクルートメディアコミュニケーションズ(現: 株式会社リクルートコミュニケーションズ)にて大手企業からまちの商店街まで、様々なクライアントの課題解決のためのプランニングと制作ディレクションを担当。
2012年に退社後、社会課題をアートのちからで解決しながら、さまざまなコンテンツや教材開発をおこなうNPO法人プラス・アーツにてインターンを経験。2014年4月にmoshimo lab.として独立。商業施設内にある90店舗以上のレストランの販促を「学び」を軸に行うプロジェクトUmekikiの立ち上げを通して、全国の生産者を訪れ、その物語にふれ、編集し伝えていく活動に力をいれる。2017年2月に株式会社KUUMAとして法人化。2018年にシェアスタジオcocca ninomiya立ち上げ。2021年にはレストラン汀(みぎわ)を開業し、食とアートを混ぜ合わせた編集の切り口で場所の運営を行う。口癖のなんで?なんで?で周囲をよく困らせる。眼の前にあることを当たり前と思わず好奇心を持つのが得意。

ディレクター

北田 愛

大阪生まれ。短期大学を卒業後、色々な風景や人々に出会いたくて添乗員になる。旅先で鮮やかな赤のドレスを纏う美しい女性を見かけ、ドレスに魅了されたことをきっかけに、「ドレスも学びたいし、英語も勉強したい!」という想いで、カナダへ。ウェディングドレスショップでアシスタントを経験。帰国後、ドレスコーディネーターとして勤める。新しい働き方に興味を持ち、プログラマーのスキル習得しながらKUUMAで経営するレストラン汀(みぎわ)でアルバイト。「なんか、おもしろそう」という気持ちが抑えれずに、KUUMAへ入社。いつかの夢は、ワイナリーのある湖畔で緑に囲まれて生活すること。

プロジェクトマネージャー
ディレクター

江副 真文

東京生まれの神戸育ち。大学卒業後は外食系企業内のイベント/プロモーション企画制作や音楽レーベル運営を担当する部署に所属。大阪にある商業施設の運営ディレクターも経験。地元である六甲アイランドをふくめ、地域活動や社会活動に関心を持ち始めたことをきっかけに会社を退職し、パラレルワークという形で様々な仕事に取り組んでいこうと決心。そんなときに、以前から交流のあった代表の濱部からのお誘いを受けてKUUMAへジョイン。NPOや社会活動の寄付や仲間集めをミッションとする「ファンドレイザー」としても活動している。好きなことは音楽・グルメ・機械・写真、好奇心旺盛な性格から、ジャンル問わず情報収集するのが特技(クセ)。

ディレクター
デザイナー

上村 昂平

大阪生まれ。大学では建築を学び、卒業後はグラフィックやブランディングをメインとする会社に勤める。そこではチーフデザイナー兼ディレクターとして数多くのプロジェクトを担当する。退社後はデザインからディレクションに特化した仕事をしたいと思い、KUUMAに入社。学生時代から香りに興味があり、2019年に香りに関するプロジェクトチーム「混ぜるな危険」を立ち上げる。混ぜるな危険は「香り」と接続してこなかった「何か」を繋げる企画をメインに行っている。今最も自己投資しているものは「香り」「食」「服」「インテリア」。